■2018年12月25日(火)  平成30/31年期 製糖開始
原料処理量(予定)119,767トン
圧搾開始日    平成30年12月17日
圧搾終了予定日  平成31年 4月 9日(実圧搾日数92.4日)
製糖終了予定日  平成31年 4月11日(製糖期日数115日)
総合洗缶日    12/29 8:00〜 12/31  8:00
          2/20  8:00〜 2/23  8:00
増産推進日     2/23〜3/4
原料受入の様子
原料投入の様子

■2018年12月14日(金)  第4回ブリックス調査結果
11月30日現在、植付比率が高い農林8号でBx15.5%(平年比92.8%)と、平年値より1.2ポイント低い結果でした。

農林22号(植付比率 約15.9%)はBx16.2%と、農林8号比で104.5%、農林18号(植付比率 約27%)は、Bx15.2%と、農林8号比で98.1%でした。

期間の気象条件は寡照、多雨だったものの、生葉は5枚程度に回復してきており、11月上旬からのブリックス上昇度は、各品種とも昨年より高めで推移しています。
操業開始が近づいてきましたが、好気象が続くことで少しでもさとうきびの糖度が上昇することを期待しています。


気象概要・・・期間:11月下旬(※21日〜30日)
ゝげ后平均気温は平年より▲0.1と、ほぼ平年並みで推移。
降水量:期間の降水量は71.0mm(旬平年値48.7mm)と、平年より多雨で経過。 
F照時間:平年比で93.4%と、やや寡照で経過。

■2018年11月30日(金)  第3回ブリックス調査結果
11月14日現在、植付比率が高い農林8号でBx14.3%(平年比90.5%)と、平年値より1.5ポイント低い結果でした。

農林22号(植付比率 約15.9%)はBx15.6%と、農林8号比で109.1%、農林18号(植付比率 約27%)は、Bx13.9%と、農林8号比で97.2%でした。

台風24号の影響により、平年に比べて登熟が遅れている状況ですが、期間の気象条件が多照、少雨で経過したことから、ブリックスの上昇度は平年よりやや高めでした。生葉については回復しつつありますが、今後もさとうきびにとって好条件の気象状況を期待しています。

気象概要・・・期間:11月上〜中旬(※1日〜14日)
ゝげ后平均気温は平年より▲0.1と、ほぼ平年並みで推移。
降水量:期間の降水量は0mm(旬平年値40.9mm)と、平年より少雨で経過。 
F照時間:平年比で125.7%と、多照で経過。

■2018年11月26日(月)  平成30/31年期 生産見込量(H30.11.6 現在)
栽培農家数    30年見込1,594戸
           (29年実績1,774戸)
収穫面積      30年見込2,187ha
           (29年実績2,294ha)
10a当たり収量  30年見込5,493kg
           (29年実績5,088kg)
生産見込量    30年見込119,767t
           (29年実績116,337t、対比102.95%)

■2018年11月13日(火)  第5回生育調査
10月30日現在のサトウキビの生育状況は、仮茎長で220cm(平年比97.8%)、1日あたりの伸長量は0.3cm(平年比42.9%)と、平年を下回っている状況で推移しています。
台風24号の襲来による被害が色濃く残る状況ですが、今後の葉の回復と登熟を期待しています。

気象概要・・・期間:10月上旬〜下旬
気温:平均気温は平年より▲0.2℃と、やや低めで推移。
降水量:平年比で56%と、少雨で経過。
日照時間:平年比で116%と、多照で経過。

■2018年11月13日(火)  第2回ブリックス調査結果
10月31日現在、農林8号(植付比率 約55.7%)でBx12.8%(平年比87.7%)と、平年値より1.8ポイント低い結果でした。
ちなみに、農林22号(植付比率 約15.9%)はBx13.2%と、農林8号比で103.1%、農林18号(植付比率 約27%)は、Bx12.9%と、農林8号比で100.8%でした。

台風24号の影響により、例年に比べて登熟が遅れている状況ですが、葉は回復してきていることから、今後の気象条件によってはブリックスの上昇が見込めるものと期待しています。

気象概要・・・期間:10月上〜下旬(※1日〜30日)
ゝげ后平均気温は平年より▲0.2℃と、やや低めで推移。
降水量:平年比で56%と、少雨で経過。 
F照時間:平年比で116%と、多照で経過。