2022年5月27日(金)  令和3/4年期製糖終了

    各関係機関、生産者皆様方のご協力により、今期の長い操業を無事終えることができました。

    3/4年度産サトウキビの買入糖度も平年より高く、また反収につきましても島内平均6,941㎏/10a(前年比120%)となり、量・質ともに豊作となりました。


    一方で、当社が糖蜜取引を依頼している商社の手配した糖蜜船滞船トラブルから2度にわたる工場停止と、原料滞貨による品質劣化に加え、新品種”はるのおうぎ”の原料処理に関する様々な課題・問題が浮き彫りとなりました。


    今後は生産者皆様方が安心してサトウキビを出荷できるよう、取引先と連携し、全社員が一丸となり課題解決に努めてまいります。


    <主要成績データ>
     原料処理量152,543㌧(対前年+27,901㌧) 
     買入甘蔗糖度13.79度(前年値 12.86度)
     産糖量16,576㌧(対前年+2,776㌧)
     歩留り10.87%(前年値 11.07%) 
     圧搾開始日時令和3年12月6日 14時30分 
     圧搾終了日時令和4年5月5日 17時20分(実圧搾日数123.5日) 
     製糖終了日時令和4年5月7日 19時10分(製糖期日数153.0日)